スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただいま!

昨日の夜、ペスカーラからローマへ戻ってきました。

今回もたっぷり学んできました。日本で演奏する予定のメンデルスゾーンの「厳格な変奏曲」もまたみていただき、とても内容の濃いレッスンでした。

毎回メッツェ-ナ先生にレッスンを受けるたびに「幸せ」を感じます。
先生についてはまた改めて日記にしたいと思います。とにかく私にとっては「世界1」です。
先生の奏でる音は誰にも真似できません。

さてさて。

ペスカーラといえば「海!」。  海水は汚いんですけど、街は数キロに渡る海岸に面していて、夏は「海大好き!太陽大好き!」なイタリア人でごったがえします。

今はまさにその時期。 私も時間があれば海に行きたかったけど、レッスンのための曲の練習がろくにできてなかったので、我慢我慢。。。。

1日目の朝は嵐が来そうな気配だったので、「雨が降る前に。。。」と、あわてて出かけました。バスで学校まで行くんですけどね、バス停にひとりの「おばちゃん」がいました。
「ご婦人」と表現するにはあまりにもかけ離れているので「おばちゃん」です。

このおばちゃん、私をみるなり、話しかけてきました。

おばちゃん「なんてひどい天気だ。これから雨が降るね!まったく。。。6月にさんざん雨、降ったじゃないのね!」

私 「そうですね。」

※案の定、雨が降り始めた。

おばちゃん「そらみろ!言ったこっちゃない! まーーーったく。」

※一緒に雨宿り。

おばちゃん「ここからじゃバスが来たかどうか見えないじゃないのね!」

私 「いいですよ。私が見に行きますよ~」

幸い、待つこと5分くらいでバスが来た。
バスに乗ってる間に「滝」みたいな(笑)雨が降ってきた!!! とにかくすごい!!!

面倒なことに、私はバスを乗り換えなければならなかったので、予定してたところで降りる。するとまたこのおばちゃんに出くわした。

おばちゃん「あーーーー。なんてこった。この大雨! 私は傘も持ってないからね。
あんたらのお店は今日(日曜日)も開いてるか!?」

    あんたら・・・?????

※おばちゃん外を見る。
おばちゃん「あーーーー。開いてる開いてる! あそこに傘を買いに行くわ!」

※それはありとあらゆるものを売ってる中国人のお店

私 「おばちゃん。私は関係ありませんけど。。。私、日本人だもん」

おばちゃん「え?あーーー。あんた中国人じゃないのか。 まあ。いいさ」

※ まあ。いいけどさ。。。


で。バスを一緒に降りたんですけど。 数メートル先にあるお店にたどり着けないよってくらいの大雨。

おばちゃん「あーーー。どうすりゃいいんだ!あそこまで行くのにずぶ濡れになっちまう!」

私 「おばちゃん。じゃあ、お店まで私が一緒に行きますよ。」

おばちゃん「本当か!? ありがとうありがとう!」


でも、とんでもない雨の量。



私「おばちゃん。小降りになるのを待ちましょう」

おばちゃん「そうだね! こりゃあ無理だ!」


バス停には何人か人がいて、その人たちともしゃべりはじめる「おばちゃん」。

自分が乗る番号のバスがなかなか来ないからまたイライラし始める。




・・・と、そこへ。。。。 




どこからともなく現れる、イタリア名物「傘売りくん!」が道路の向こう側を数本の傘を持って歩いてる。



私 「おばちゃん。傘売りくんがいるよ!」

と、教えたら
おばちゃん、すごい大声でその「傘売りくん」を呼ぶ。 その呼び方。


「おーーーーい! えーーーーーい! ここに来ーーーーい!!!!」

他にも数人が叫んでた。


みんな「あーーーよかったよかった。」


おばちゃん「あーーー。助かった。 で?いくらだ?」

傘売りくん「10ユーロ(約1000円)」

※ここからがすごかった。

おばちゃん「なんだって!? 10ユーロだと!? ふざけてんのか!? こんなもんに10ユーロも払わないぞ! お店に行ったら2.5ユーロ(約250円)だってのに!」

※周りの人も高すぎだと一斉に抗議!!!!

傘売りくん「じゃあ。5ユーロ」

おばちゃん「だめだだめだ!高すぎだっちゅーの! ほら!小銭はこれしか持ってない!」

と言って小銭を傘売りくんに突き出す。



※一部始終を見ていた私。


私「おばちゃん、すごいね!!!」

おばちゃん「そうだよ、あんた!こんなもんに誰が10ユーロも払うか!」


といって、結局3ユーロで傘を購入。傘売りくんの負け。

私は周りの人と目を合わせて笑ってた。

そしてすぐにバスが来て、おばちゃんは消えてった。

強い強いおばちゃんだった! 朝からおもしろいものを見せてもらった。
イタリアにはたまにこういう「強い」おばちゃんがいます。

私だったら「ずぶ濡れになるようりいいか」と、さっさと10ユーロ払っちゃってたかもな。。。

「傘売り君」たちの傘は、はっきりってすぐに壊れるので買わないほうがいいんですけどね。


レッスンより「おばちゃん話」になっちゃいました。






イタリアは夏本番!!! 今日も午前中から33度。日中はできるだけ外に出ないほうがいいです。 夜動きます。

というわけで。今日はオペラ座の「カラから浴場公演」。 メンデルスゾーンの「真夏の夜の夢」のバレエバージョンを観に行ってきます!!!



チャオ!







スポンサーサイト

comments

大阪のおばちゃんみたいだな(笑)飴ちゃんいるかい?って言われなかった?

コメント少ないとブログ更新面倒になるけどちゃんと続いてるねそのうちノリPのコメントしても埋もれてしまう位の数がくるのか

No title

ウケル~~~♪ イタリアのおばちゃんブラボー! 好きだわ!好きだわ! 私そのノリ大好きよ~♪

Re: No title

いいでしょう?このおばちゃん(笑) 勢いのあるおばちゃんが多いよ!

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。